ムダ毛の自己処理のデメリット〜頻繁に処理するのは危険?〜

ムダ毛は生え変わり繰り返し生えてくるので、定期的な処理が必要になります。
そのため、女性にとってムダ毛の処理は時間も手間もかかる大変な作業でしょう。
特に毛深い方などは悩みも多く、処理方法で悩んで、様々な方法を試している方もいるかもしれません。
自己処理の方法として代表的なものは以下の3つぐらいです。
(他にも方法はありますが。)
1つ目はカミソリで毛を剃る方法です。
処理方法の中では最もポピュラーで、安価で手軽にできる方法でしょう。
ただ、カミソリを肌にあてることで肌質によってはカミソリ負けをしてしまったり、剃り方によっては肌を傷つけてしまうおそれもあります。
正しく言えば、どんな剃り方をしようと、肌を傷付けてしまいます。
先程の剃り方によっては肌を傷つけてしまうおそれがあるというのは、目で見て分かるような傷という意味で、カミソリでムダ毛を処理した後には、目に見えないような傷がたくさんできてしまっているのです。
また、カミソリによる処理では外に出ている毛を剃るだけですので、剃った後にも毛は残っていますので剃り跡が目立ってしまう事もあります。
そして、カミソリで剃った毛が伸びてくると、剃る事により毛先が尖った状態になっていますので、チクチク、ジョリジョリとした感触になってしまいます。
それに、カミソリの刺激によって色素沈着が起こるリスクもあります。
表面の毛を剃るだけで、すぐに元通りになってしまうカミソリによる処理ですと、頻繁に処理することが前提になりますが、頻繁に処理するほど、色素沈着ができるリスクが高くなります。
カミソリ使った頻繁な処理を長い期間続けてしまうと、黒ずみで汚い肌になってしまう危険があるわけです。
2つ目は毛抜き使う方法です。

毛抜きを使用して毛根からムダ毛を引き抜くことで、一時的には毛が無くなりその状態が一定期間続くことがメリットです。
なので、次の毛が生えてくるまでは処理が不要です。
しかし、1本1本抜く作業には根気と時間が必要であり、部位によっては痛みも伴います。
毛が太い部分だと抜く時の痛みも強いですから、途中で耐えられなくなる事もあるかもしれません。
また、埋没毛ができてしまうおそれもあります。
さらに、毛を抜く時に毛穴に無理な力がかかって負担をかけてしまいます。
そして、何度も毛抜きによる処理をすると、毛穴が盛り上がったような状態になってしまう事もあるでしょう。
ですから、毛抜きによる処理もリスクがある方法です。
3つ目は除毛クリームを使用する方法です。
除毛クリームはムダ毛を処理したい部位にクリームを塗って、一定時間待ってから洗い流すものが多いです。
手間をかけずに幅広い部位のムダ毛を一度に処理できるのがメリットでしょう。
ただこの方法は、毛を溶かす薬剤を使用しての処理となるため、肌に負担がかかります。
(肌に合わない人や肌質が弱い人は、赤く炎症が起きたりする可能性もあるかもしれません。)
毛を溶かすようなものを肌に塗るわけですから、確実に肌に負担がかかり、一回や二回なら、問題が起こらなくても、繰り返し使う事によって肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるでしょう。
ですので、除毛クリームを使用する場合は、間隔を空けて肌が回復するのを待ってから使用するべきでしょう。
ムダ毛の処理方法は様々ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自身の体質や処理のペースや、ムダ毛を処理する部位などによって適した処理方法を見つけることが望ましいです。
ただ、どのような処理方法にしても、リスクがある事には変わりありませんので、自己処理はしないのが最も肌にとって望ましいのは言うまでもありません。

 

『キレイモ横浜ねっと』トップページに戻る